FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

防音室



過去2回ほどFM KITAQの番組に出演させて頂いたときに、スタジオに入ったことがありますが、自分で設計するのは初めてで不安でした。

しかも、ドラムの練習室を一般の戸建て住宅の中に造る訳ですから気を使います。

写真はプロの先生にドラムをたたいてもらって防音室の遮音性能をテストしているところです。

ドラム演奏中は部屋の中ではすざましい音が響きます。

ところが2重の防音ドアを閉めると、部屋の外ではかすかに聞こえる程度になりました。

まだ部屋の内部仕上げができていませんので、多少は屋外にも漏れてきます。

窓も当然、防音マドです。

換気装置も屋内側に開口して、直接屋外には出しません。

テストの結果、設計仕様(Dr-55程度)が正しかったことが証明されました。

ドラム練習室には遮音シート(鉛シート)と吸音材だけでなく防振材が欠かせないことが分りました。

少し自信がついた気がします。

2011/12/15(木) ニュース コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。