FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

構造見学会終わる


今回は構造見学会にしては盛況でした。

遠方よりご来場頂きありがとうございました。

やはり、木組みで軸組みの三階建てと3層吹抜けというのが珍しかったのでしょうか。

3階建てともなると製材の使用量が大変多く、30立米を超えてきます。

したがって、中に入ると木の太さや多さ、そして力強さに圧倒されます。

「民家」と呼ばれる昔の日本家屋は太い木材を使い、しかも構造表しでした。

無垢の木で家を建てるという本来の姿がここにあるのでしょう。

現代住宅の3寸5分の柱が主流の弱々しい家は多分LVLや集成材でしか造れず、寿命もそれなりでしょう。

現代住宅の弱々しさを見ていると、かつての日本人の力強さや、おおらかな感性が失われたような気がします。
2018/08/28(火) ニュース コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。