神社で展示会

神理教展示会
梅の便りもちらほらという季節になりました。

「北九州の木で家を建てる会」の今回の展示会は神社内の社務所建築です。

特殊な事例ですが見所は木造による大空間の事例です。

建物の性格上、現代住宅に多く見られる「大壁」ではなく伝統的な「真壁」が基本となっていますので、返って新鮮かも知れません。

1万坪以上ある境内に建つ本殿は大正8年の建築だそうですからおよそ100年になります。

その傍らに展示会場の社務所があります。

南区徳力にこのように広い神社があったとは、実は私も知らなかったのです。

今回この展示会が実現したのは昨年から当会の会員となりました「藤田材木店」さんのご好意によるものです。

お参りがてら気軽にお立ち寄りください。

2015/03/05(木) ニュース コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |