FC2ブログ

映画 Wood Job


こんな映画が商業ベースで公開されています。

さっそく見てきました。

「おもしろい!」映画です。「日本の林業の現状と課題」みたいなシリアスな映画ではありません。

矢口監督らしいエンターテイメントですがほんのちょっぴり「林業」の厳しさも織り込んでいます。

映画の中で都会から研修にやってきた若者達が「間伐」について講義を受ける場面です。

研修生の中で大学で林業を学んだ若者がいて「間伐」について解説するのですが他の連中はほとんど聞いていません。

1ヶ月経って残っているのは三分の一、後はやめて都会へ帰ってしまいました。

なんと、「間伐」について解説した大学出もやめて行くのです。

でも主人公は「長沢まさみ」目当てに最後まで残るというストーリーです。

長沢まさみや伊藤英明のようなかっこいい人達がいれば誰でも山に残るかも知れません。

残念ながら映画の観客は少なく、しかも中高年ばかりでした。休日なのに。

皮肉にもこの状況が今の「林業」をあらわしています。

大切な仕事だと分かっていても、しゃれたお店の一つもない山奥では今時の若者は長続きしません。

儲かるビジネスなら別ですが。

山でたんまり稼いで豪邸を建て、休日は車で都会に行き、毎年長期のバカンスも楽しめるような仕事だったら・・・・

どうすればそうなるか、我々の課題です。

2014/05/11(日) ニュース コメント(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |