FC2ブログ
「森は人間を必要としないが、人間は森がなければ生きられない」

これはフィンランドのある父親が息子に語った言葉です。
その息子は有名な建築家になって自然の大切さを世界に訴えたのです。
それから80年後の今、この父親のことばが現実味を増しています。

北九州 木の家の会 のホームページへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) スポンサー広告

構造見学会終わる


今回は構造見学会にしては盛況でした。

遠方よりご来場頂きありがとうございました。

やはり、木組みで軸組みの三階建てと3層吹抜けというのが珍しかったのでしょうか。

3階建てともなると製材の使用量が大変多く、30立米を超えてきます。

したがって、中に入ると木の太さや多さ、そして力強さに圧倒されます。

「民家」と呼ばれる昔の日本家屋は太い木材を使い、しかも構造表しでした。

無垢の木で家を建てるという本来の姿がここにあるのでしょう。

現代住宅の3寸5分の柱が主流の弱々しい家は多分LVLや集成材でしか造れず、寿命もそれなりでしょう。

現代住宅の弱々しさを見ていると、かつての日本人の力強さや、おおらかな感性が失われたような気がします。
スポンサーサイト
2018/08/28(火) ニュース コメント(0)

構造見学会 木造軸組み3階建て

構造見学会
見学会のお知らせです。

木造3階建てでは珍しい軸組み工法です。

当会の会員である藤田材木店の施工によるものです。

町中ですので駐車場がありませんので、見学を希望される方は連絡ください。

よろしくお願いします。
2018/08/16(木) ニュース コメント(0)

| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。